山梨県知事杯争奪

第12回山梨県雪合戦大会
開催要項


 
1.主 催    山梨県雪合戦連盟
2.主 管     山梨県雪合戦大会実行委員会、山梨県、山梨県体育協会
3.共 催     昭和新山国際雪合戦実行委員会  
4.後 援     山梨県観光部、(社)やまなし観光推進機構、八ヶ岳観光連絡会、八ヶ岳ボランティア推進機構、山梨日日新聞社・YBS山梨放送、テレビ山梨、NHK甲府、エフエム富士、 エフエム甲府、エフエム八ヶ岳、株式会社ピー・エス・ワイ(八ヶ岳ジャーナル)
5.会 場  サンメドウズ清里スキー場 特設会場(山梨県北杜市高根町清里)
6.日 程  開 催 日     平成30年3月 4日(日曜日)
                   730分~ 800
監督会議              800分~ 830
開 会 式               830分~ 845
予選リーグ           900分~1400
決勝トーナメント  1400分~1600
閉会式・表彰式     1600分~
(大会当日天候等により多少の時間変更あり)
※なお、3月 3日(土曜日)
小学生大会終了後1600分より歓迎レセプション・組合せ抽選会を行います。
 
7. 競技種目・ルール
  競技種目は雪合戦とし、ルールは昭和新山国際雪合戦競技規則(以下「競技規則」という)による。
8. 競技方法
(1)予選リーグおよび決勝トーナメント方式とする。
(2)予選リーグは3チームまたは4チームによるグループを設定して行い、各グループ第1位のチームまた、4チームのグループは第1位、第2位のチームが、準決勝リーグ(新設)へ進出する。さらに、勝ち残りのチームが決勝トーナメントへ進出する。
  なお、欠場チームがあった場合は、残り2チーム同士で2回試合を行う。
(3)各試合とも1試合3分:3セットマッチとする。
(4)予選リーグの勝率が同じ場合の順位決定は、取得セット率の高いチームを上位とする。それでも決まらない場合は、当該チームによるビクトリースロー(VT)戦で決定する。
(5)雪球は、試合前に各チームが雪球製造機で作る。(1セット90個以内)
9.チーム編成
      監督:1名、選手:7名、補欠:2名/計:10名(男性のみ又は男女混合)
   ただし、監督は選手を兼ねることができる。 (監督が競技者を兼ねる場合は競技者へも含めること)
 
10.表     彰 (1)上位3チームまでを入賞とする。
(2)優勝チームには優勝旗(持ち回り)、賞状(山梨県知事賞・国際雪合戦連合)
トロフィー(山梨県雪合戦連盟)並びに副賞(サンメドウズスキー場 リフト券)を授与する。
(3)準優勝チームには賞状(山梨県議会議長賞・国際雪合戦連合)、トロフィー
(山梨県雪合戦連盟)並びに副賞を授与する。
(4)3位チームには賞状(山梨県体育協会賞・国際雪合戦連合)・トロフィー並びに副賞を授与する。
(5)その他特別賞として、山梨県雪合戦連盟実行委員長賞、フェアプレー賞、応援賞等を贈呈する。
(6)参加者全員に参加賞を授与する。その他特別賞を設定する場合もある。
 
11.参加資格      中学生以上。
 
12.募集チーム     40チーム
   
13.申込方法     申込み方法は、郵送、FAX、メールにより申込みをすることとする。
山梨県雪合戦連盟ホームページに、大会要項並びに申込み用紙があります。
必要事項をご記入の上、北杜市観光協会内山梨県雪合戦連盟宛送付してください。
 メールアドレス kanko@hokuto-kanko.jp
なお、郵送・FAXの場合は下記へお申込下さい。
※折り返し参加案内と郵便振替用紙をお送りします。
※メールでの申込みにつきましては、メール受信後、3日以内に確認メールを返信します。確認メールが届かない場合は、お手数ですがお電話等でご確認下さい。
 
《お申込・お問合せ先》
 408-0044
山梨県北杜市小淵沢町854-22 小淵沢駅観光案内所
(社)北杜市観光協会内 山梨県雪合戦連盟事務局
TEL0551-30-7866
FAX : 0551-45-7756
 
14.参 加 料     1チーム 20,000円 (傷害保険料、昼食代を含む。参加賞付)
   申込み受付後の参加申込者側の都合による返金には対応できません。
 
   振込先  郵便局から  00230-1-96859  口座名 : 山梨県雪合戦連盟
   他の金融機関からの振込用口座番号
         ゆうちょ銀行 〇二九(ゼロニキュウ)店  当座 0096859
 
 
15.申込期間   平成29年11月17日(金)~12月23日(土)天皇誕生日まで
        本大会では、受付期間内に申込みのあったチームを先着順で受け、入金が確認できたチームから正式エントリーとします。
 
16.シードチーム・組合せ
(1)シードチーム
   次のチームはシードチームとし、準決勝リーグ(新設)から出場する。
   ①前回大会優勝・準優勝チームをシードチームとし、準決勝リーグから出場する。
(2)組合せ
   ①組み合わせは、次の抽選会により決定する。ただし、前回大会の優勝・準優勝チームについては、予め主催者が決定するため、抽選は行わない。
   ○日時 平成30年3月3日(土)16:00より歓迎レセプションの中で行う。 会場(サンメドウズ清里スキー場)
   ②抽選は、参加チーム又は参加チームに委任された者により行い、その双方が欠席する場合は、主催者が代行して行う。
   ③抽選会(組み合わせ)の結果については、抽選会当日に抽選会会場に掲示する。
17.競技用具
(1)チームフラッグ
   参加チームは、チームフラッグを持参すること(サイズは縦50cm、横70cm。ポールに取り付けるひもを上下2カ所付けること)
(2)靴
   特に規程はないが、安全のため靴底が金属、セラミック、硬質プラスチック素材の靴及び安全靴の使用を禁止する。靴底に一部金属等が使われているものについても禁止する。
(3)ヘルメット
   大会で使用するヘルメットは、主催者側が用意する。各チームが持参する雪合戦専用のヘルメットも使用可能。ただし、やむを得ない理由により、審判部長が許可した場合に限り、他競技用のヘルメットを使用することができる。
 
18.その他 
(1)主催者側は、大会中に発生した事故の応急処置は行うが、以降の責任は負いません。
(2)スポーツ傷害保険は、大会中のみ主催者側で加入します。
(3)交通費・宿泊費につきましては各自のご負担となります。
4)ヘルメット・チームフラッグを取り付けるポール等は主催者側にて用意します。
(5)防寒具・長靴・競技用靴・手袋などは参加者各自ご用意ください。
(6)大会当日、荒天等により、大会運営上、中断あるいは大幅な変更が必要となった場合は、主催者の判断により競技方法等を変更する場合がある。その場合、当初の大会期間中に行われた競技の結果のみを公式記録とし、原則順延はしない。
 
 

《競技説明会並びに3級審判員講習会》   詳細はこちら

平成30年1月14日(日曜日) 競技説明会 審判講習会
10:00~10:20 受講者受付
10:20~12:40 3級 審判講習(学科編・実技編)
2級 審判指導実習
12:40~13:00 競技説明会・事務連絡
 
※ 新規2級受講者のみ昼食休憩をはさんで午後の講習があります。
2級受講者の昼食は各自ご用意ください。
 
14:00~15:00 新規2級審判講習(続き)
15:00~15:30 新規2級学科試験